星野リゾートOMO7大阪!キングルームに家族4人で泊まってみた!

お出かけ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

人気の「星野リゾートOMO7大阪」に、「旅のサブスク・ハフ」でオトクに宿泊できたので、レポートします。

今回の宿泊の詳細は次の通りです。

  • 旅のサブスク・ハフのコインを使用
  • 星野リゾートOMO7大阪・キングルーム
  • 大人2人、4歳、2歳の4人
  • 土~月の2泊

ハフの予約数ランキングで常に上位に入っているので、気になっている方も多いと思います。
4人(大人2人、子ども2人)でキングルーム、問題なく宿泊できました!

子連れでOMO7大阪に宿泊したいと思っている方、ぜひ見てみてください~

旅のサブスク・HafH(ハフ)とは?

「旅のサブスク・HafH(ハフ)」とは、毎月定額で世界中の宿泊施設に宿泊できるサービスです。

サブスク会員になると、独自の「ハフコイン」というコインが、毎月プランに応じた数だけ貰えます。
そのコインを利用して提携先の宿泊施設に宿泊することができます。

宿泊施設によって一泊に必要なコイン数は異なりますが、平日と休日で必要なコイン数が変わらないので、いつでも同じ金額(コイン数)で宿泊することができます。
通常の宿泊予約サイトから予約する場合と比べると、特に週末はお得に宿泊できると思います。
また、キャンセルが前日まで無料という点も使いやすいです。

人気のハフですが、サービス改修のため「2024年4月30日」で第一弾の新規会員募集を停止しています。
会員募集再開はいつになるのかまだわかりませんが、既存会員の方は変わらずサービスを利用可能です。

星野リゾートOMO7大阪とは?

星野リゾートは「星のや(ラグジュアリー)」・「界(温泉旅館)」「リゾナーレ(リゾート)」など、コンセプトに応じたブランドラインを複数展開させています。
「OMO(おも)」は、「テンション上がる街中ホテル」がコンセプトのビジネスホテル形態のホテルで、星野リゾートの中ではリーズナブルなブランドラインとなっており、全国に17施設あります。

OMOは後に続く数字によってホテルの規模と種類が変わり、シンプルなカプセルホテルタイプのものから、パブリックエリアが充実したものまで、幅広いタイプがあります。
数字が若いものほどリーズナブルな値段設定となっています。

今回宿泊した「OMO7大阪」はフルサービスホテルに位置付けられ、カフェ・レストラン・大浴場などパブリックエリアが充実したホテルです。

館内施設

2階へ上がると、チェックイン/アウトカウンターをはじめ、カフェ・ダイニング・大浴場などの共有施設があります。

チェックイン/アウトは、基本的にはタブレットでセルフで行うようですが、HafHで予約された方は有人カウンターへ案内されます。かなりスムーズにチェックインできます。

ロビーには椅子やテーブルがたくさんあるので、ゆっくりできます。

「ご近所マップ」が壁いっぱいに描かれていました。
スタップの方おすすめのお店などが書いてあるそうです!

ロビーから外に出ると「みやぐりん」というガーデンがあります。
広い芝生の広場があり、子どもも自由に動き回れました。

写真は夜の様子ですが、ホテルに設置してあるライトが規則に沿って点り、プロジェクションマッピングのようになっています。

夜はこのみやぐりんで、無料でたこ焼きとクラフトビールがふるまわれていました。

アクセス

最寄り駅は3駅あり、空港・新幹線(新大阪)からもアクセスしやすく、観光へも行きやすい立地です!

・JR「新今宮」駅東出口より左手目の前
・南海電鉄「新今宮」駅北出口より右手目の前
・大阪メトロ「動物園前」駅6番出口より左手高架下を抜けて、左手目の前

治安は?

2022年4月に「新今宮駅」の目の前に開業したOMO7大阪ですが、駅を挟んだ向こうは日本最大のドヤ街とも称される「西成」がすぐそばということで、治安を心配する方も多いようです。

大阪イチ?ディープな地域ですが、駅からホテルまでの道路は整備されてきれいになっています。
隣の駅の天王寺には「あべのハルカス」ができ、街の印象は以前とは変わってきているようです。
夕方~夜にかけて新世界まで徒歩で行ってみましたが、大通りは観光客含め人が多く、怖いという印象はありませんでした。
ただ、ホテル周辺には人通りの少ない道もあったので、夜の一人歩きは気を付けた方が良いかもしれません。

宿泊していた方は、子ども連れの方や女性グループが多かった印象です。
駅が近く、ホテルの明かりもあるので、駅-ホテル間の移動なら心配なく過ごせると思います。

OMO7大阪のキングルームのレビュー

今回は、HafH(ハフ)を使用してOMO7大阪に宿泊してきました。

OMO7大阪は7タイプの部屋がありますが、ハフで予約できるのは「ツインルーム(定員2~3名)」と「キングルーム(定員1~2名)」です。
OMOは6歳以下の子どもは部屋の定員と同数を上限に添い寝無料となっています。

我が家は、夫婦2人と子ども2人(4歳、2歳)で、「キングルーム」に宿泊しました。

部屋の様子

窓側にソファがあり、反対側にキングサイズのベッドがあります。
窓からは新今宮駅が見えます。

ベッドはマットレスのみなので、小さい子供でも安心して過ごせます。
大人と4歳児がベッドに乗るとこんな感じです。
我が家は4人でも問題なく過ごせました!

後ろを振り返ると洗面がある、珍しい造りです。
冷蔵庫、ポット、ドライヤー、空気清浄機、金庫などが設置されていました。

OMO7大阪のコーヒーやパインアメが置いてありました!
(パインアメ、写真を撮る前に子どもが開けていました・・笑)

ちなみに、キングルームにクローゼットはありません。
壁にフックが4つ、ハンガーと一緒にありましたが、上着をかけられる程度です。

こちらで紹介している「Tabitoraタビトラ」は旅行の際に便利なのですが、今回はかけるところが無く、スーツケースに入れたままとなりました。(パッキングに使用するだけでも便利ですよ!)

バスルームとトイレも広くて使いやすいです。

入口です。ベビーカーは畳まないと入りません。

ハフで宿泊はお得なの?

我が家は、ハフでキャンペーンをやっている際に友達紹介で入会しました。
キャンペーンでの会員プラン割引+友達紹介での特典コインをもらっていましたが、使用せずに休会していました。

料金、プランは入会・予約当時のものです。

入会時(2023年のため、プラン名が現在と違います)
【会員プラン】
Newスタンダードプラン
9800円のところ70%オフの2940円でハフコイン300コイン獲得
【友達紹介特典】
友達からの紹介でハフコイン200コイン獲得

入会キャンペーンで、2940円で500ハフコインをゲットしています!めちゃくちゃオトクでした!

OMO7大阪は1泊325コインで、2泊予約を取りたかったので、650コイン必要でした。
また、ハフは休会状態では宿泊の予約ができないので、いずれかのプランに加入する必要があります。
なお、加入時点でプランに応じたコインが付与されます。

予約時
【会員プラン】
ベーシックプラン
2980円でハフコイン80コイン獲得
【追加コイン購入】
キャンペーンで20%オフ
2640円でハフコイン100コイン獲得

まとめると・・
キャンペーン 2980円で500コイン
会員プラン加入 2980円で80コイン
コイン購入 2640円で100コイン
合計すると8600円で680コイン獲得し、OMO7大阪に2泊できました!

我が家はたまたま1か月前に予約が取れたので、会員プラン加入は1カ月分で済みましたが、土日の予約はほとんど埋まっているので、早い段階で予約を取ろうとすると複数月に渡って会員プランに加入する必要があります。

OMO大阪は公式サイトからの予約がお得なようですが、公式サイトでキングルームを検索すると、大体1泊1名10,000円以上かかります。
公式サイトは こちら
我が家は土日月で宿泊したので、直近で土日月の2泊を調べてみると、\56,366でした!

結果、\48,000近くお得に宿泊することができました!!!

もしハフコインが0だった場合でも、100コイン\3,300で購入できるので、OMO7大阪キングルームに必要な650コインは¥21,450となり、\35,000程お得に宿泊できます!

まとめ

OMO7大阪は、アクセスも良く、広いガーデンやイベントがあったりと、子連れで過ごしやすいホテルでした!
キングルームも子どもと4人で問題なく宿泊でき、大満足です。

旅のサブスク「ハフ」を使用すると、毎日必要コイン数が変わらないので、かなりお得に宿泊することができました。
ハフの会員の方はぜひ宿泊してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました